前へ
次へ

介護の仕事を探す時に確認しておきたいこと

介護の仕事を始めたい場合には、老人ホームやデイサービス、ホームヘルパーなどの主な仕事内容やサービスの利用者との接し方についてきちんと理解をすることが大切です。
特に、実務経験が少ない人であれば、各地の施設や事業所の見学をしたり、採用担当者に相談したりして、無理なく働けそうな職場を見つけることがおすすめです。
最近では、人手不足を解消するためにスタッフの賃金をアップしたり、資格手当や勤続手当などを用意したりする事業所の数も増えているため、早いうちから働きがいのある職場の特徴について調べてみると良いでしょう。
同じ職場で長く働きたい人は、資格取得に向けて様々なサポートを受けられるところや、キャリアアップのための仕組みが整っているところを勤務先の候補に決めることがポイントです。
たとえば、各地域で様々なジャンルの福祉事業を行っている社会福祉法人においては、新卒者ばかりでなく中途採用者や管理職候補などを対象とした研修に力を入れているところが多くあり、働きながら仕事に役立つスキルを磨くことができるようになっています。
そうした中、自分に合った職場を見極めるうえで、実際に福祉業界に長く携わっている人から仕事の大変さややりがいについて話を聞いたり、各地で開催されている就職セミナーなどに参加したりすることが大事です。
なお、事業所によっては介護福祉士やケアマネジャーなどの資格を持つスタッフに施設長や主任などの役職を任せるところもあります。
そのため、業界内で活躍の場を広げたい場合には、就職活動を通じて、じっくりと各事業所の昇進や昇格の基準について確認を取ることが肝心です。
その他、採用後の研修期間の長さや研修の内容については、それぞれの事業所の人員配置や、サービスの利用者の数などによって大きく異なります。
そこで、採用面接の際に自分の経験やスキルに合った業務研修を受けられるかどうかきちんと説明を聞きましょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top