前へ
次へ

介護で働くヘルパーの時には明るいキャラに変身

高齢者社会に突入をした現代では、介護施設も増えてそこで働く勤労者も増えました。
特に介護に直接携わるヘルパーさんたちの仕事は、実に多岐にわたるものです。
働くヘルパーさんたちは様々な人と触れ合いますが、不自由な人が多いだけではなく、ヘルパーに対しての評価も様々なものがあります。
余裕のない一生懸命な仕事に追われるのもヘルパーさんですが、動けない人や不自由な人はそんな忙しい仕事をする人に対して、笑顔や優しさを求めはするものの、大変という面にはあまりフォーカスができません。
それは自分で自由に動けないことが、最大の不幸ととらえているためであり、だからこそヘルパーさんに無口だとか愛想がないとか優しくないなど、健康な人なら考えないような思考を持ってしまうことがあります。
些細な考え方の違いですが、そうした悩みを持つヘルパーさんなら、仕事の時は自分のキャラクターを作るのもひとつです。
明るくしゃべるようにする、多少引きつってもとにかく笑顔のトレーニングをする、すると1週間もしないうちに利用者の評価は変わるので、仕事をしやすくなります。

Page Top