前へ
次へ

車イスを使いやすい住宅は介護の負担が少ない

交通事故が原因で足腰を動かせなくなった家族を介護するために、車イスに乗ったまま生活しやすい住宅を作る事を目指しました。
最初に取り組んだのが玄関まわりのリフォームで、車イスに乗ったまま方向転換ができるように玄関を工事しています。
玄関の棚を取り外して空間を広くするだけで、車イスを扱いやすくなったのが便利に感じた点です。
そして玄関先にスロープを設置する事によって、段差の移動にも苦労する事がなくなって、介護の負担を減らすためにリフォームを始める勇気は必要だと実感できました。
車イスに乗ったまま便座に座れるようにトイレをリフォームする事でも、家族の負担を大幅に減らす事ができて、現在では明るい気持ちで家族を支援できています。
バリアフリー化だけではなく、複数のリフォームのプランを組み合わせる事が、家族の負担を減らすコツだと思えます。
リフォームにかかる費用も予想よりも安くて、早い段階で工事を決断して正解でした。

Page Top